飲食開業経営支援センター

飲食開業経営支援センターは、飲食ビジネス業界で長年の経験と実績をもつ、老舗の飲食店コンサルティング会社、店舗設計デザイン会社です

飲食店開業Q&A 飲食店にその他必要な届け出や手続きとは

飲食店開店開業QA赤土亮二

飲食店開店・開業についてのご質問に赤土亮二がお答えします

飲食店開店・開業について皆様のご質問に赤土亮二がお答えいたします。カフェ、バー、居酒屋、レストラン、カレーショップ、ラーメン店、うどん専門店、蕎麦処、和食店、焼肉店など幅広い業種、3600店の指導実績がある飲食店コンサルタント赤土亮二が、飲食店開店・開業についてのご質問にお答えいたします。

質問
Question

飲食店にその他必要な届け出や手続きはありますか?

回答
Answer

保健所の「営業許可書」の他、業種業態により消防署や警察署への届け出が必要になります。
◆防火管理者(収容人員30人以上の飲食店(カフェ・バー含む)は必要)
防火管理者になるためには各地の消防署などが実施している『防火管理者講習会』を受講する必要があります。 講習会内容はこちら»
◆深夜酒類提供飲食店営業開始届出書 (深夜12時以降も酒提供店)
深夜とは午前0時から日の出時までをいい、営業開始日の10日前までに所轄の警察署に届出書を提出する必要があります。この届出書は公安委員会から発行されます。 ※通常主食と認められる食事を提供している飲食店は届出の必要はありません。

無料相談

PageTopに戻る